SQL Serverのユーザーとは?2種類のユーザー

SQL Serverの2種類のユーザー

SQL Serverを利用するにはユーザーを作成する必要があります。ユーザーを作ってはじめてデータベースを利用することができます。

このユーザーには実は2種類あります。この2種類のユーザーについて解説します。

2種類のユーザー

  • ログインするユーザー
  • データベースを利用するユーザー

ログインするためのユーザー

まずはSQL Serverにログインするユーザーです。これは文字通り、SQL Server自体(インスタンス)へログインする際に使用するユーザーです。いいかえると、サーバー自体のユーザーといってもいいかもしれません。

Microsoft SQL Server Management Studioでは、「セキュリティ」→「ログイン」をクリックすると、ユーザーの一覧が確認できます。ユーザーの追加やパスワードの変更もここから設定できます。

Windows認証ではOSユーザーであり、SQL Server認証ではSQL Server認証用で作成したユーザーになります。

参照:SQL Server ログインを作成する方法

データベースのユーザー

2つ目のユーザーはデータベースのユーザーです。データベースごとに作成するユーザーです。

Management Studioでは、「データベース」→該当のデータベース→「セキュリティ」→「ユーザー」でデータベースのユーザーを確認できます。

参照:データベース ユーザーの作成 – TechNet – Microsoft

 

データベースを利用するなら2つのユーザーを作成する

「ログインユーザー」と「データベースのユーザー」。2つのユーザーの違いは理解できたでしょうか?

SQL Serverは1つのサーバー(インスタンス)内にデータベースを複数作成することができます。ユーザーの違いは上で説明したとおり、ログインユーザーとデーターベースのユーザーという違いがあります。

例えば、データベースを新規で作成します。このデーターベースを利用するユーザーはどちらのユーザーを作成したらよいでしょうか?

このユーザーはSQL Serverへログインするし、データーベースも利用します。よって、2つのユーザーを作成する必要があります。まず最初にログインユーザーを作成し、データベースを作成後に、データベースユーザーを作成します。これでデータベースを利用できるようになります。

ログインユーザーとデータベースユーザーといっても、SQL Serverのデータベースを利用するには結局2つのユーザーを作成しないとデータベースは利用できません。

以上、SQL Serverの2種類のユーザーの解説でした。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました