SQL Serverのsaとは

SQL Serverのsaについて解説します。

SQL Serverの認証モード

SQL Serverは認証モードが2種類の用意されています。Windows認証SQL Server認証です。

  • Windows認証・・・OS認証。SQL Serverのデフォルト認証。
  • SQL Server認証・・・専用ユーザー・パスワードでの認証。

参照:SQL ServerのWindows認証・SQL Server認証とは

 

SQL Serverのsa

このうち、SQL Server認証はSQL Server専用のアカウントを用意する必要があります。SQL Serverのアカウントは随時追加できます。

これらSQL Server認証のアカウントを管理する管理者ユーザーが「sa」です。

saは最高権限をもつユーザーです。saはsysadminロールをもちます。

推奨されないsa

このsaアカウントですが、最近は推奨されておりません。マイクロソフトはそもそもSQL Server認証を推奨していません。

saはデフォルトでは無効になっていますね。

SQL Serverでは最高権限を持つアカウントとして sa アカウントが昔から使用されており、セキュリティ的にはよろしくはありません。どうしても必要な時はのぞいて、通常は有効にしない方がよいです。

参照:サーバーの認証モードの変更

以上、SQL Serverのsaについての解説でした。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました