SQL Server エージェント(Agent)を有効にする手順・方法

SQL Server エージェント(Agent)とは

SQL Server エージェント(Agent)とはSQL Serverのサービスの1つです。スケジュール化したジョブを実行するのがSQL Server エージェント(Agent)です。

例えば、週に1回夜間にSQL Serverのバックアップを定期実行する場合。これをジョブとして登録し、それを管理・実行するのがSQL Server エージェント(Agent)です。

参照:SQL Server エージェント

 

SQL Server エージェントを有効にする方法

SQL Server エージェント(Agent)はSQL Serverをインストール後は無効になっています。SQL Server Management Studio (SSMS)を見てみると、「×」マークがついています。

スタートボタンを右クリックして「コンピュータの管理」をおします。

「コンピュータの管理」が起動します。左メニューの「サービスとアプリケーション」の「サービス」をおします。「SQL Server エージェント」をおします。

「スタートアップの種類」を「自動」に変更します。サービスの状態が停止になっているので「開始」ボタンをおし、「OK」をおします。

これでSQL Server エージェント(Agent)が自動起動するようになりました。

ここで再び、SQL Server Management Studio (SSMS)を見てみると、「×」マークが消えて緑のマークに変わりました。

これでSQL Server エージェント(Agent)が自動で起動するようになりました。ここからSQL Serverの定期実行ジョブを設定していけば、スケジュール実行できるようになります。

以上、SQL Server エージェント(Agent)を有効にする方法・手順でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました