検索・結合・集合

検索・結合・集合

Oracle Betweenで条件指定するパターン

Oracle Between 条件 Oracleでは条件指定する際に「BETWEEN AND」を使うことができます。この「BETWEEN AND」は大小比較する際に使います。 BETWEEN {開始} AND {終了} 条件指...
検索・結合・集合

OracleのINNER JOIN 内部結合 【SQL】

OracleのINNER JOIN(内部結合) Oralceで複数のテーブルを結合するには「JOIN」を使います。 結合には下記の種類があります。 内部結合(INNER JOIN) 外部結合(LEFT JOIN, R...
検索・結合・集合

OracleのOUTER JOIN 外部結合(LEFT JOIN,RIGHT JOIN) 【SQL】

OracleのOUTER JOIN(外部結合) Oralceで複数のテーブルを結合するには「JOIN」を使います。 結合には下記の種類があります。 外部結合(OUTER JOIN) 内部結合(INNER JOIN) ...
検索・結合・集合

OracleのMINUS 複数のSELECT結果の差(差集合)を取得する【SQL】

【SQL】MINUS 複数のSELECT結果の差を取得する(差集合) OracleではMINUSを使用して複数のSELECT結果の差(差集合)を取得することができます。 例えば、テーブルAとテーブルBがあり、テーブルAだけに存在し、...
検索・結合・集合

OracleのINTERSECT 複数のSELECT結果の重複を取得する【SQL】

【SQL】INTERSECT 複数のSELECT結果の重複を取得する(積集合) OracleではINTERSECTを使用して複数のSELECT結果の重複(積集合)を取得することができます。 例えば、テーブル1とテーブル2の両方に重複...
検索・結合・集合

OracleのUNION・UNION ALL 複数のSELECT結果を統合する【SQL】

【SQL】UNION、UNION ALL 複数のSELECT結果を統合する(和集合) Oracleでは複数のSELECT結果を統合(和集合)することができます。 和集合には、「UNION」もしくは「UNION ALL」を使用します。...
検索・結合・集合

OracleのHAVING グループ化して条件を指定する

グループ化して条件を指定するHAVING OracleでGROUP BYでグループ化した結果に条件指定するには「HAVING」を使用します。 WHERとの違い 同じく条件指定する「WHERE」がありますが、データを抽出する順番が違いま...
検索・結合・集合

OracleのDISTINCT 重複行を除外する【SQL】

重複行を除外して1行にするDISTINCT Oracleで重複行を除外するにはDISTINCTを使用します。重複行を除外して1行にするには除外したい列の頭にDISTINCTをつけます。 例1. DISTINCTで重複行を除外する...
検索・結合・集合

【Oracle】昇順・降順でソートするOrder By ASC、DESC【SQL】

Oracleで昇順・降順でソートするOrder By ASC、DESC【SQL】 Oracleで昇順・降順でソートするにはORDER BYでASC、DESCを使用します。 ASC・・・昇順(小さい順) DESC・・・降順(...
タイトルとURLをコピーしました