Oracleのプロファイルを作成する



プロファイルを作成するSQL

Oracleのプロファイルを作成するにはCREATE PROFILE~を参照します。

  • 「SESSIONS_PER_USER」は1ユーザーあたりの同時セッション数です。
  • 「CPU_PER_SESSION」は1セッションあたりの合計CPU時間です。
  • 「CONNECT_TIME」はセッションの接続時間です。
  • 「IDLE_TIME」はセッションの非アクティブ時間です。
  • 「LOGICAL_READS_PER_SESSION」が1セッションあたりの読み込み可能なブロック数です。
  • 「CPU_PER_CALL」が1SQLあたりの合計CPU時間です。
  • 「LOGICAL_READS_PER_CALL」が1SQLあたりの読み込み可能なブロック数です。
  • 「COMPOSITE_LIMIT」が1セッションあたりのリソースの総コストです。

例1. プロファイルを作成する

ここでは、無制限に同時セッションを使用でき、1つのセッションで継続できる時間は60分、セッション中の連続休止時間を60分にしました。

リソース制限を有効にする

プロファイルを有効にするにはリソース制限を有効にする必要があります。

1. SPFILEの場合

2.初期化パラメータファイルの場合

これでプロファイルが有効になりました。

以上、Oracleのプロファイルを作成するSQLでした。