Oracleマスター

更新

OracleのUPDATE SELECT SELECTした結果でUPDATEする【SQL】

OracleのUPDATE SELECT(SELECTした結果でUPDATEする) OralceのUPDATEはUPDATE SELECT、つまりSELECTした結果でUPDATEすることができます。 UPDATEは「SET」で「更...
その他SQL

OracleのEXISTS 相関副問い合わせ【SQL】

OracleのEXISTS(相関副問い合わせ) Oracleで副問合せに行が存在するかどうかを取得するには「EXISTS」を使います。 今回は「EXISTS」の使い方を紹介します。 WHERE EXISTS(副問い合わせSQL) ...
その他SQL

OracleのROWNUM(LIMITのかわり)【SQL】

OracleはLIMITの代わりにROWNUMを使う Oralceでデータ抽出する際、「最初の〇行を取得する」には疑似列「ROWNUM」を使います。 MysqlではLIMITが使えますが、OracleではLIMITが使えないのでRO...
その他SQL

OracleのPGAサイズを変更する【SQL】

OracleのPGA(Program Global Area)のサイズは変更できます。PGAが不足すると一時表領域へのI/Oが増加してパフォーマンスがダウンしてしまうので注意が必要です。 PGAを変更する手順を説明します。 1. 現...
その他SQL

OracleのSGAサイズを変更する【SQL】

OracleのSGA(System Global Area)のサイズは変更できます。 SGAのバッファキャッシュが不足すると物理I/Oが増加してパフォーマンスがダウンしてしまいます。そうならないよう、SGAのサイズを適正値に変更してお...
その他SQL

OracleのCAST データ型を変換する【SQL】

データ型を変換するCAST Oracleでデータ型変換するにはCASTを使用します。 CAST(値, 変換後のデータ型) 「値」を「変換後のデータ型」に変換する 互換性のあるデータ型に対してのみCASTできる 例1...
検索・結合・集合

OracleのMINUS 複数のSELECT結果の差(差集合)を取得する【SQL】

【SQL】MINUS 複数のSELECT結果の差を取得する(差集合) OracleではMINUSを使用して複数のSELECT結果の差(差集合)を取得することができます。 例えば、テーブルAとテーブルBがあり、テーブルAだけに存在し、...
検索・結合・集合

OracleのINTERSECT 複数のSELECT結果の重複を取得する【SQL】

【SQL】INTERSECT 複数のSELECT結果の重複を取得する(積集合) OracleではINTERSECTを使用して複数のSELECT結果の重複(積集合)を取得することができます。 例えば、テーブル1とテーブル2の両方に重複...
検索・結合・集合

OracleのUNION・UNION ALL 複数のSELECT結果を統合する【SQL】

【SQL】UNION、UNION ALL 複数のSELECT結果を統合する(和集合) Oracleでは複数のSELECT結果を統合(和集合)することができます。 和集合には、「UNION」もしくは「UNION ALL」を使用します。...
更新

OracleのTRUNCATE 切り捨て・全行削除【SQL】

OracleのTRUNCATE TABLE(切り捨て・全削除) Oralceでデータを全削除するには「TRUNCATE TABLE~」を使います。 「TRUNCATE」と「DELETE」の違い 同じ削除に「DELETE」もありますが、...
タイトルとURLをコピーしました