OracleのCAST データ型を変換する【SQL】

データ型を変換するCAST

Oracleでデータ型変換するにはCASTを使用します。

CAST(値, 変換後のデータ型)

  • 「値」を「変換後のデータ型」に変換する
  • 互換性のあるデータ型に対してのみCASTできる

例1. 数値型→文字列型にデータ型変換するパターン

--数値を文字列型に変換する
SELECT CAST(100,VARCHAR2(10)) || 'A' FROM dual;
[結果]
100A
SELECT CAST(100,CHAR(10)) || 'A' FROM dual; 
[結果] 
100      A

ここでは数値の「100」を文字列型に変換しました。VARCHAR2だとわかりにくいのですが、CHAR型だと変換されたことがわかります。

例2. 文字列型→日付型にデータ型変換するパターン

--文字列型を日付型に変換する
SELECT CAST('2018/01/01' AS DATE) FROM dual;
[結果]
18-01-01

ここでは文字列「2018/01/01」を日付型に変換しました。

 

以上、Oracleで文字列型を変換するCASTについてでした。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました