OracleのNVLとCASE Nullを別の値に置き換える【SQL】

OracleでNullを別の値に置き換えて置換する方法はいくつかあります。

代表的な「NVL」と「CASE」を解説します。

1. NVLでNullを置換する

NVL(対象文字列,変換したい文字列)

  • NVLの第1パラメータの値がNULLであれば、第2パラメータの文字列に変換します。NULLでなければ、第1パラメータの値を返します。

ここではNVLをつかってscnt列にNullがあれば0に置換しました。null以外の値はそのまま表示されます。

2. CASEでNullを置換する

ここではCASEをつかってscnt列にNullがあれば0に置換しました。null以外の値はそのまま表示されます。

NVLとCASEの違い

NVLとCASEがありますが、CASEの方が何かと便利ですね。

NVLはNULLの置換しかできませんが、CASEであればNULL以外でも置換できますし。CASEはSQLの中でも非常に便利な構文です。

Oracleで条件をわけるCASE

以上、OracleでNullを別の値に置き換えるNVLとCASEでした。