Oracleのトリガー(trigger)を有効・無効にする

Oracleのトリガー(trigger)を有効・無効にすることができます。一時的にトリガーを無効にしたいときや有効に戻したいときがありますからね。

トリガーを有効・無効する

ここではOracleのトリガーを有効・無効にする方法を説明します。トリガーを有効・無効にするには「ALTER TRIGGER」を使用します。

--トリガーを無効にする
ALTER TRIGGER {トリガー} DISABLE;
--トリガーを有効にする 
ALTER TRIGGER {トリガー} ENABLE;
--トリガーを無効にする
ALTER TRIGGER trg1 DISABLE;
--トリガーを有効にする 
ALTER TRIGGER trg1 ENABLE;

ここではトリガー「trg1」を有効・無効にしました。

テーブル毎にトリガーを有効・無効にする

ここではテーブルをキーにします。テーブルに関連するトリガーを有効・無効にする方法を説明します。テーブル毎にトリガーを有効・無効にするには「ALTER TABLE」を使用します。

--テーブルのトリガーを確認する
ALTER TABLE {テーブル名} DISABLE ALL TRIGGERS;
--テーブルのトリガーを確認する 
ALTER TABLE {テーブル名} ENABLE ALL TRIGGERS;
--empテーブルのトリガーを確認する
ALTER TABLE emp DISABLE ALL TRIGGERS;
--empテーブルのトリガーを確認する 
ALTER TABLE emp ENABLE ALL TRIGGERS;

ここでは「emp」テーブルのトリガーをすべて有効・無効にしました。

以上、Oracleのトリガー(trigger)を有効・無効にする方法でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました