Oracleのディレクトリオブジェクト(DIRECTORY)を作成するSQL

Oracleのディレクトリオブジェクト(DIRECTORY)の作成

Oracleのバックアップでエクスポート・インポートを使う際にディレクトリオブジェクトを使用します。

ディレクトリオブジェクトとしてパスを事前に設定しておくことで、エクスポート・インポートで毎回フルパスを指定しなくてもよくなります。

例1. ディレクトリオブジェクトdp_dirを作成する

この例ではディレクト「dp_dir」を「d:\dump」に作成しました。

権限を付与する

ディレクトリを作っただけでは使えません。ユーザーに使用できる権限を付与します。

この例では、「dp_dir」へのREAD・WRITE権限を「test」へ付与しています。

参照:CREATE DIRECTORY – Oracle Database SQL言語リファレンス

以上、Oracleのディレクトリオブジェクト(DIRECTORY)の作成でした。