Oracleのセッションとは



Oracleのセッション

Oracleのセッションとは何でしょうか?

セッションとは通信中に使うトンネルのようなものです。Oracleはログインするとクライアントとサーバの間にトンネルを作り、トンネルの中にデータを流して、データベースを検索したり更新します。

このトンネルのことをセッションといいます。

このOracleサーバーまでのトンネル(セッション)は、ログアウトすると消えてしまいます。

ログインしてからログアウトするまでの状態、これがセッションが有効な状態です。考え方としては、「接続中」=「セッション」とおきかえても問題ありません。

Oracleサーバーへ1人接続すれば、1セッション、2人接続すれば2セッションです。一人で2セッション、3セッションも可能です。

セッションの使用例

セッションの使用例を挙げると、銀行や買い物のWEBサイトにログイン中、ある程度時間が経過すると「セッションが切断されたため使用できません」と表示され使用できなくなったことはないでしょうか?

そのセッションと同じです。Oracleにも同様な機能があり、例えば「30分以上接続している場合、強制的にセッションを切断する」ということができます。

Oracleのセッションのまとめ

  • Oracleのセッションとは通信のトンネルのようなもの
  • Oracleへ接続すると、1セッションとなる

以上、Oracleのセッションのまとめでした。