Oracleでアカウントロックされたユーザーを解除する

Oracleでアカウントロックされたユーザーを確認する

Oracleでログインするパスワードを既定回数以上間違えるとアカウント ロックされてしまいます。

アカウント ロックされたユーザーを解除する方法を解説します。

まずはSYSDBA権限でsqlplusへ接続します。

ロック状態を確認します。ロックされたユーザーを参照するには「DBA_USERS」を参照します。

USERNAME ACCOUNT_STATUS LOCK_DATE
SATOU LOCKED 2019/01/30 11:05:19
SUZUKI EXPIRED & LOCKED 2018/12/23 17:01:40

ロックされたユーザーのロックを解除する

ここではロックされていたユーザー「satou」のロックを解除しました。これでアカウントロックされたユーザーが解除されました。

再度、DBA_USERSを参照してロックが解除されていればOKです。

以上、Oracleでアカウントロックされたユーザーを解除するSQLでした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする