Oracleの専用サーバー接続と共有サーバー接続とは



専用サーバー接続と共有サーバー接続の違いとは

Oracleには専用サーバー接続と共有サーバー接続という接続方式があります。

  • 専用サーバー接続
  • 共有サーバー接続

専用サーバー接続と共有サーバー接続の違いについて解説します。

専用サーバー接続

専用サーバー接続はOracleサーバーとクライアントごとのサーバープロセスを起動し、サーバープロセスとクライントが1対1で通信する方式です。

通常、Oracleではこの専用サーバー接続を使います。

共有サーバー接続

共有サーバー接続とは1つのサーバープロセスが複数のクライントからの要求をうけます。サーバープロセスとクライントが多対1で通信する方式です。大規模システムで使用される方式です。

まとめ

一般的に使用される専用サーバー接続、大規模システムで使用される共有サーバー接続という違いがあります。

  • 専用サーバー接続・・・通常はこちらを使用する
  • 共有サーバー接続・・・大規模システムで使用する

以上、Oracleの専用サーバー接続と共有サーバー接続でした。