OracleのROUND 数値を四捨五入する【SQL】

数値を四捨五入するROUND

Oracleで数値に四捨五入するには「ROUND」を使います。

ROUND(数値)

  • 小数点以下の数値を四捨五入します。

ROUND(数値,小数桁)

  • 指定した小数桁で数値を四捨五入します。

例1. 小数を四捨五入するパターン

小数以下を四捨五入しました。

例2. 小数桁を指定して四捨五入するパターン

小数第2位で四捨五入しました。

例3. 整数を四捨五入するパターン

整数を四捨五入するには第2パラメータをマイナス指定します。ここでは「-2」なので10の位が四捨五入され200となりました。小数以下は無効となります。

これで数値を四捨五入することができました。

以上、Oracleで数値を四捨五入する「ROUND」でした。