Oracleのロール(ROLE)から権限を削除するSQL



Oracleのロール(ROLE)から権限を削除するSQL

Oracleはロール(ROLE)に割り当てた権限を削除することができます。

ロールから権限を削除するSQLは、「REVOKE~」を使います。

ロールから権限を削除する

ロールから権限を削除するには、システム権限とオブジェクト権限では若干SQLが異なります。オブジェクト権限はオブジェクトまで指定する必要があります。

例1. ロールからシステム権限を削除する

こちらはシステム権限を削除するパターンです。ここでは「role1」ロールから「create table権限」を削除しました。

例2. ロールからシステム権限を削除する(複数パターン)

ここでは「role1」「role2」という2つのロールから「create table権限」「drop table権限」の2つの権限を削除しました。

 例3. ロールからオブジェクト権限を削除する

こちらはオブジェクト権限を削除するパターンです。ここでは「role1」から「table1」の「insert権限」を削除しました。

 例4. ロールからオブジェクト権限をすべて削除する

ここでは「ROLE1」から「table1」のオブジェクト権限を全て削除しました。オブジェクト権限を指定する箇所で「all」にすると全権限が削除できます。

以上、Oracleのロール(ROLE)から権限を削除するSQLでした。