OracleのVARCHAR・CHAR 文字データ型の特徴

文字列型 VARCHAR2・NVARCHAR2・CHAR・NCHAR

Oracleの文字列データ型は VARCHAR2・NVARCHAR2・CHAR・NCHARがあります。

それぞれどのような違いがあるのか解説します。

VARCHAR2

「VARCHAR2」は可変長の文字列です。

可変長とは「長さが決まっていない」という意味で、VARCHAR2(10)に2バイトを格納すると、10バイトではなく2バイト使用します。

最大4000バイト。文字データ型として最もよく使われるデータ型です。

NVARCHAR2

「NVARCHAR2」はUnicode文字データに対応したVARCHAR2です。最大4000バイト。

CHAR

「CHAR」は固定長の文字列です。

固定長とは「長さが決まっている」という意味で、CHAR(10)に2バイトを格納しても、残りの8バイトに空白を足して10バイト使用します。

最大2000バイト。

NCHAR

「NCHAR」はUnicode文字データに対応したCHARです。最大2000バイト。

Oracleの文字データ型まとめ

Oracleの文字データ型をまとめます。

特徴 サイズ Unicode
VARCHAR2 可変長 4,000
NVARCHAR2 可変長 4,000
CHAR 固定長 2,000
NCHAR 固定長 2,000

参照:Database SQL言語リファレンス 12cリリース1 (12.1)

以上、Oracleの文字データ型 VARCHAR2・NVARCHAR2・CHAR・NCHARでした。