SQL Plusで外部ファイルを実行する方法

SQL Plusで外部ファイル(sqlファイル)を実行する方法

SQL Plusで外部ファイル(SQLファイル)を実行する方法を解説します。

SQLファイル作成

まず、SQLの実行ファイルを2種類作成します。1つは単純なINSERT、もう1つはINSERTのデータをパラメータ渡しするファイルです。

ファイルの中身はSQLを記述し、拡張子は「sql」とします。

ファイル1:INSERT文

「d\test」に「emp.sql」というファイル名で保存します。

ファイル2:INSERT文(パラメータあり)

「d\test」に「emp_para.sql」というファイル名で保存します。パラメータにする部分は「&1」「&2」「&3」とします。

SQL Plusで外部ファイルを実行する

SQL Plusで外部ファイルを実行してみます。あらかじめSQL Plusを起動しておきます。

「@」のあとに実行する外部ファイル(SQLファイル)を指定します。

さっそく先ほど作成したSQLファイル「emp.sql」を実行します。

これでSQL Plusで外部ファイル「d\test\emp.sql」を実行できました。

SQL Plusで外部ファイルを実行する(パラメータあり)

SQL Plusでパラメータありの外部ファイルを実行してみます。

パラメータを渡す場合は、パラメータの順番にスペース区切りで記述します。

ここでは3つのパラメータ「’A009’」「’山田太郎’」「’TO1’」をSQLファイル「d\test\emp.sql」に渡しました。

SQLファイル「emp.sql」は、この3つのパラメータを使ってINSERTします。

これでSQL Plusで外部ファイルを実行できました。

SQL Plus起動時に外部ファイルを実行する

次に、SQL Plusの起動するときに外部ファイルを実行してみます。

SQL Plusを起動すると同時に先ほど作成したSQLファイル「emp.sql」を実行します。

「@」のあとに実行する外部ファイル(SQLファイル)を指定します。これでSQL Plus起動時もに外部ファイルを実行することができました。

参照:SQL*Plusでのスクリプトの使用

以上、OracleのSQL Plusで外部ファイル(SQLファイル)を実行する方法でした。