OracleのSQL開発ツールは何がいい?

Oracleデータベースへ接続して、コマンドをうったり、逆にコマンドをうたなくてもマウスのクリックでできてしまうような様々なSQL開発ツールがあります。今回はOracleのSQL開発ツールを見ていきましょう。



SQL Plus

SQL PlusはOracleで提供されるクライアントツールです。DBAとしてはこのSQL Plusがあれば一通りのことは可能です。ただし、DB管理はできてもデータ編集は厳しい面があります。視覚的に見やすくはないですからね。データベース管理者などのDBAは使いやすいですが、プログラマーにはちょっと使い辛い面があります。

CSE Common SQL Environment

いわゆるCSEです。Oracle以外のデータベースにも使えるフリーで万能なツールです。Oracleを使うにあたって必要なものはほとんど満たされています。ただし、開発がストップしているのとデータ表示に非常に時間がかかる難点があります。これが改善されれば最強のソフトなのですが・・・。

A5:SQL MK-2

A5:SQL MK-2はOracleだけでなく多くのデータベースに対応しています。もちろんフリーソフトです。機能も豊富でほとんどなんでもできるといっても過言ではないほどです。完成度が高いソフトです。

SI Object Browser

SI Object Browserは有償です。ダウンロード版で43,000円と非常に高価なツールです。会社で提供してくれない場合は使えませんね。有償ソフトだけあってほとんどなんでもできます。おおまかな使い方はCSEと似ています。

結局、どれがベストなのか?

他にもいくつかありますが、CSEかA5:SQL MK-2があれば事足りてしまいます。コスト面で許せればSI Object Browserがいいのですがなかなか難しい。なのでオススメはCSEとA5:SQL MK-2を併用する方法です。普段はA5:SQL MK-2を使用し、データ編集だけはCSEを使います。SQL Plusはサーバーの設定変更で使います。

  • SQL Plusはサーバーの設定変更で使う(DBA系)
  • データ編集はCSEを使う(開発系)
  • 上記以外はA5:SQL MK-2を使う(開発系)

これが私がOracleを使う際にとっている方法です。使いやすさは個人で違うと思うので、自分なりのクライアントツールの使い方をみつけて賢くつかっていきたいですね。