Oracle SQL*Plusの簡単な使い方

Oracle SQL*Plusとは

Oracleのクライアントツール「SQL*Plus」の簡単な使い方を説明します。

SQL*PlusはOracleが提供しているSQLを操作できるクライアントツールです。DBAがOracleを管理する際に使ったり、開発者が使うこともできる万能ツールです。

現在はフリーでも使いやすいDBツールは出ていますが、それでも本家Oracleが提供するSQL*Plusは基本中の基本です。

ここでは「SQL*Plus」の使い方を解説します。

SQL*Plusの使い方

ではさっそくSQL*Plusを使ってみます。まずはコマンドプロンプトを起動します。

コマンドプロンプトにsqlplusコマンドを入力します。

ユーザー・パスワード・接続文字列を指定してsqlplusを起動します。接続文字列は「tnsnames.ora」に設定された名称です。

tnsnames.oraについてはこちらを参照してください。

Oracleデータベースへの接続先を指定するtnsnames.ora

SQL Plusで接続する例

上の例ではユーザー:user1、パスワード:pass1、接続文字列:orcl で、sqlplusへ接続しました。

2つ目の例ではSYSDBA権限で接続します。この場合、ユーザー・パスワードは無視しています。

DBAがOracleの管理をするためには、SYSDBA権限を持っていないとできないことが多いので、このSYSDBA権限での接続をよく使用します。

今回はsysdbaとして接続しました。

Oracleデータベースへ接続すると、接続先サーバーのバージョンや64ビットなどが表示されます。

SQL Plusを使うと、カーソルの行の頭に「sql>」という表示がされます。

SQL Plusの使い方

SQL Plusはエンターキーをおしても改行されるだけで実行されません。SQLの最後には必ず「;」(セミコロン)が必要です。(/(スラッシュ)も可)

SQL Plusを終了するには「EXIT」コマンドで終了します。

そのほかにも、SQL Plusは独自のコマンドが多数あります。SQL Plusのコマンドを知りたい方はOracleのコマンドを確認してみてください。

参照:SQL*Plusコマンド一覧

SQL PlusはOracleの詳細なユーザーズ・ガイドおよびリファレンスページもあります。あわせてこちらも参照ください。

参照:SQL*Plusユーザーズ・ガイドおよびリファレンス

以上、Oracleの SQL*Plusの簡単な使い方の説明でした。