Oracle XE(Express Edition)は12cで廃止!

Oracle XE(Express Edition)とは

Oracle XE(Express Edition)はOracleの学習用のエディションです。

最大1GBメモリー・1CPU・最大11GBという制限があります。使用制限がありますが軽いのが特徴です。

Oracle XEは12c以降で廃止

Oracle 12c は途中で構成するエディションが変わってしまいました。「バージョン12.1.0.1まで」と「バージョン12.1.0.2以降」ではエディションが異なります。

Oracle 12c(12.1.0.1まで)のエディションには XE(Express Edition)がありましたが、Oracle 12c(12.1.0.2以降~12.2)のエディションにはありません。

参照:Oracle12cのエディションとは

Oracle 12cのダウンロードページからはすでに XE(Express Edition)が存在しません。Oracle 11g XE(Express Edition)は今でもダウンロード可能です。

参照:Oracle Database Express Edition 11g Release 2

XEの代わりはPE

XE(Express Edition)は最新のOracleでは使用できません。その代わりではないのですが、代わりに使えそうなのが、PE(Personal Edition)です。

元々、PE(Personal Edition)はOracleの開発用のエディションです。最上位のEnterprise Editionとほぼ同じ機能が使えます。ここからEnterprise EditionやStandard Edition 2にアップグレードすることもできます。

なので今後開発用・テスト評価用として使う場合は、XE(Express Edition)の代わりにPE(Personal Edition)が使えそうです。

以上、Oracle XE(Express Edition)とPE(Personal Edition)解説でした。

コメント

  1. SE1 より:

    どこをさがしてもダウンロードページがないので途方にくれてました

    やはりないのか。。。。あきらめてもらいます。

    ありがとうございました!

    • Oracleマスター より:

      記事にも書きましたが、PE(Personal Edition)もありますので。