Oracleを起動・シャットダウン(Startup・Shutdown)する

Oracleの初歩の初歩をやってみます。

Oracleサーバー上でOracleデータベースへ接続して、シャットダウン(Shutdown)やデータベースの起動(Startup)をしてみます

Oracle環境がある人は実際にコマンドを叩いてみましょう。Oracleへの接続は専用ソフト「SQL Plus」を使います。

参照:SQL*PlusからOracle Databaseへの接続

1.  Oracleサーバーへ接続する

まずはOracleサーバー上でコマンドプロンプトを起動して、下記コマンドをうちます。

このコマンドはsqlplusをSYSBA権限で利用するという意味です。DBA管理者がよく使用するSYSDBA権限ですね。

SYSDBA権限とは何でもできるシステム権限です。Oracleの起動・停止もSYSDBA権限で行います。

「/」は通常、ユーザー/パスワードを指定します。

このコマンドはユーザーを「user1」、パスワードを「pass1」でsqlplusを使ってOracleに接続するという意味です。

でも先ほどは「/」として、ユーザー/パスワードを省略しました。省略した場合はOS認証となります。OSのログオン情報でログオンできます。楽なので結構使えます。ユーザー・パスワードって入力するのはちょっと面倒ですからね。

これでOracleへ接続できました。

2. Oracleサーバーを停止する(Shutdown)

では、Oracleサーバーを停止してみます。停止するのは「shutdown」コマンドです。「immediate」というのはシャットダウンを強制的に行うオプションです。

これでOracleサーバーは停止(shutdown)されました。

3. Oracleサーバーを起動する(Startup)

現在Oracleは停止した状態です。次にOracleを起動してみます。起動は「startup」コマンドです。

これでめでたくOracleを起動(Startup)できました。

Oracleサーバーへの接続をsqlplusから行い、シャットダウン(Shutdown)から起動(Startup)までを行ってみました。

Oracleを管理するDBAとして、起動・シャットダウンは基本中の基本なので、これらのコマンドは覚えておくとよいです。

以上、Oracleに接続して、シャットダウン(Shutdown)・起動(Startup)の手順でした。