Oracleの3つのサービスを知る( OracleService・TNSListener・DBConsole)

Oarcleはインストールするといくつかのサービスが登録されます。今回はOracleのサービスについて解説します。

Oracleの3つのサービス

Oracleには3つの代表的なサービスがあります。

  • 「OracleService」・・・Oracleのサービス
  • 「TNSListener」・・・クライアント接続用のサービス
  • 「OracleDBConsole」・・・Enterprise Manager用のサービス

これらのサービスは「コントロールパネル」→「管理ツール」→「サービス」から確認することができます。

参照:Windowsでのデータベースの管理

OracleService*** (※***はSID)

OracleServiceは文字通りOracleのサービスエンジンです。

Oracle***TNSListener (※***はホスト名)

TNSListenerはクライアントから要求をうけるサービスです。TNSListenerサービスが起動していないとクライアントから接続できません。

OracleDBConsole*** (※***はSID)

OracleDBConsoleはEnterprise Managerを使用するためのサービスです。EMを使う方は必須です。(※EMはコマンドを使わなくてもブラウザからOracleの操作ができるツールです)

Oracleのサービスの活用方法

これらのサービスはどのような時に使用するのでしょうか?

例えば、問題発生時に確認することが多いです。

Oracleサーバーにつながらないケース

「Oracleにつながらない」というケースがまれに起こります。

その場合、真っ先に「OracleService」、「TNSListener」の2つのサービスが起動しているかを確認します。

「OracleService」はOracle本体であり、「TNSListener」はクライアントを受け付けるサービスだからです。2つともあやしいです。

起動していない場合はサービスを起動させます。

Enterprise Managerにつながらないケース

では「Enterprise Managerにつながらない」ケースであれば?

もうおわかりと思いますが、「OracleDBConsole」が起動しているかを確認します。「OracleDBConsole」はEnterprise Managerのサービスだからです。

起動していない場合はサービスを起動させます。

Oracleサービスのまとめ

「Oracleにつながらない」という問題は、「サービスが起動しているか?」を最初に疑います。その際にそれぞれのOracleのサービスの意味を理解していると原因を解明しやすいですね。

以上、Oracleの3つのサービス、OracleService、TNSListener、OracleDBConsole の解説でした。