Oracleのユーザーを作成するCREATE USER【SQL】

Oracleのユーザーを作成するCREATE USER

Oracleのユーザーを作成するには、CREATE USERコマンドを使用します。

-- Oracleのユーザーを作成する
CREATE USER {ユーザー} 
 IDENTIFIED BY {パスワード}
 DEFAULT TABLESPACE {表領域}
 TEMPORARY TABLESPACE {一時表領域}
 QUOTA UNLIMITED ON {表領域}
 PROFILE {プロファイル};

IDENTIFIED BY

IDENTIFIED BYでパスワードを指定します。

DEFAULT TABLESPACE

DEFAULT TABLESPACEでユーザーが使用する表領域を指定します。

TEMPORARY TABLESPACE

TEMPORARY TABLESPACEでユーザーが使用する一時表領域を指定します。

QUOTA

QUOTAはユーザーに表領域を割り当てサイズ(容量)制限をする場合に使用します。

制限する場合は、QUOTA 100M ON {表領域}とします。ここでは100Mとしていますが、任意のサイズ制限をかけてください。

サイズ制限しない場合は、QUOTA UNLIMITED ON {表領域}とします。

PROFILE

プロファイルを指定しない場合は、PROFILE DEFAULTとします。記述せずに省略してもPROFILE DEFAULTとなります。

 

Oracleユーザーの作成例

例1. ユーザー作成の通常パターン

-- SATOUユーザーを作成する
-- 表領域TABSP1に対して無制限
CREATE USER SATOU 
 IDENTIFIED BY PASS
 DEFAULT TABLESPACE TABSP1
 TEMPORARY TABLESPACE TEMP
 QUOTA UNLIMITED ON TABSP1;

この例ではユーザー「satou」を作成しました。「パスワード:pass、表領域:tabsp1、一時表領域:temp、容量制限:なし」 で作成しました。

例2. 表領域を2つ以上割り当てるパターン

-- SATOUユーザーを作成する
-- 表領域TABSP1、TABSP2に対して無制限
CREATE USER SATOU 
 IDENTIFIED BY PASS
 DEFAULT TABLESPACE TABSP1
 TEMPORARY TABLESPACE TEMP
 QUOTA UNLIMITED ON TABSP1
 QUOTA UNLIMITED ON TABSP2;

表領域を1つではなく複数使用したい場合は、QUOTAを複数記述します。この例ではユーザー「satou」のデフォルト表領域は「tabsp1」ですが、「tabsp1」だけでなく「tabsp2」にも割り当てています。

これでユーザー「satou」は「tabsp2」も使用可能となります。

例3. ユーザーとパスワードだけのパターン

-- SATOUユーザーを作成する
CREATE USER SATOU 
 IDENTIFIED BY PASS;

このように各オプションを省略して記述することもできます。省略するとそれぞれのオプションはデフォルト値となります。

以上、Oracleユーザーを作成するCREATE USERでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました