Oracleでパスワードの大文字小文字を区別しない



Oracleパスワードの大文字・小文字を区別しない

Oracleのパスワードは11g以降では初期設定では大文字、小文字を区別します

これって結構面倒です。セキュリティ的には問題なのですが、Oracleでは大文字・小文字を区別しないように変更することができます。

SPFILEモード

「SPFILEモード」で運用されている場合はSQLコマンドで設定変更できます。パスワードの大文字・小文字を区別をなくすには、「SEC_CASE_SENSITIVE_LOGON=FALSE」とします。

これでパスワードの大文字・小文字の区別がなくなりました。

初期化パラメータファイル

「初期化パラメータファイル」を使用している場合は、初期化パラメータファイルを変更して再起動しないと有効になりません。

下記のように初期化パラメータファイルを変更して再起動します。

sec_case_sensitive_logon = false

初期化パラメータファイルについてわからない方はこちらを参照してください。

Oracleの初期化パラメータファイルとは

以上、Oracleでパスワードの大文字小文字を区別しないSQLと初期化パラメータファイルの変更方法でした。