OracleのNOT NULL制約を削除する

OracleのNOT NULL制約を削除するSQL

Oracleは作成後でもテーブルのカラム(列)に設定されたNOT NULL制約を削除できます。NOT NULL制約を削除するにはALTER TABLE~MODIFY NULLを使います。

-- NOT NULL制約削除
ALTER TABLE {テーブル} MODIFY {カラム} NULL;

例1. table1のcol1のNOT NULL制約を削除する

-- NOT NULL制約削除
ALTER TABLE table1 MODIFY col1 NULL;

ここでは、テーブル「table1」のカラム「col1」に設定されたNOT NULL制約を削除しました。

以上、OracleのNOT NULL制約を削除するSQLでした。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました