Oracleの表領域のデータファイルを縮小するSQL



Oracle表領域のデータファイルサイズを縮小するSQL

Oracleの表領域は作成後でもデータファイルのサイズを小さく縮小できます。

表領域にデータファイルのサイズを縮小するには、ALTER DATABASE ~ RESIZEを使います。

例1.データファイルのサイズを縮小するSQL

上の例では、「TABSP1.dbf」のファイルサイズをもとのサイズから100Mに縮小できました。

ただしデータファイルのサイズを縮小できるのは、データファイルにデータがない場合のみです。

データがあると縮小されませんので注意してください。

データファイルにデータが存在した状態でファイルサイズを縮小したい場合はエクスポート・インポートをして再作成します。

Oracleのエクスポート・インポートはこちらを参照してください。

Oracleのバックアップ(エクスポート・インポート)

以上、Oracleの表領域のデータファイルを縮小するSQLでした。