Oracleの表領域とは



Oracleの表領域(TABLESPACE)

Oracleのデータの格納先はテーブルです。では「テーブルはどこに格納されるか?」というと、それが表領域(TABLESPACE)です。表領域とはテーブルが格納される場所です。

表領域は「○○.DBF」としてWindowsのエクスプローラーから確認できますよ。表領域は実態ファイル、つまり物理ファイルなんですね。

この表領域○○.DBFの中に「テーブル」が一杯つまっているのです。そしてその「テーブル」の中に「データ」が一杯つまっています。

  • 「表領域」→「テーブル」→「データ」

この関係性はとても重要です。

表領域はDBFファイルという「実態のファイル」ですが、「テーブル」や「データ」はファイルではないのでそこが違いますね。表領域という実態のDBFファイルの中にテーブルやデータが論理情報として保管されています。

Oracleの表領域のまとめ

  • Oracleのテーブルを格納するのが表領域(TABLESPACE)
  • 表領域はDBFファイル(物理ファイル)
  • テーブル、データは表領域に格納される論理ファイル

以上、Oracleの表領域(TABLESPACE)のまとめでした。