Oracle 表領域の自動拡張を確認するSQL

Oracleの表領域が自動拡張かどうかをSQLで確認することができます。



Oracle 表領域の自動拡張を確認するSQL

Oracleの表領域が自動拡張になっているか確認するには「DBA_DATA_FILES」を使います。

自動拡張を確認するSQL

-- 自動拡張を確認する
SELECT TABLESPACE_NAME, FILE_NAME, AUTOEXTENSIBLE
FROM DBA_DATA_FILES 
ORDER BY 1
TABLESPACE_NAME FILE_NAME AUTOEXTENSIBLE
IDXSP C:\ORACLE\ORADATA\ORCL\IDXSP.DBF YES
SYSTEM C:\ORACLE\ORADATA\ORCL\SYSAUX01.DBF YES
SYSAUX C:\ORACLE\ORADATA\ORCL\SYSAUX01.DBF YES
TABSP C:\ORACLE\ORADATA\ORCL\TABSP.DBF YES
UNDOTBS1 C:\ORACLE\ORADATA\ORCL\UNDOTBS01.DBF YES

「AUTOEXTENSIBLE」が「Yes」が自動拡張になっている表領域になります。

「AUTOEXTENSIBLE」が「No」の場合は自動拡張になっていません。自動拡張にする場合は、こちらを参照してください。

参考ページ:Oracleの表領域を自動拡張に変更するSQL

以上、Oracle 表領域の自動拡張かどうかを確認するSQLでした。