Oracleで日付を加算・減算する

日付を加算・減算する

Oracleで日付を足したり引いたりする加算・減算する方法を紹介します。日付を加算・減算するには、日付型に数字をプラス・マイナスします。

例1. 現在日に1日足すパターン

--システム日付を取得する
SELECT SYSDATE FROM DUAL;
[結果] 2017/01/01 15:05:15

--1日足す
SELECT SYSDATE + 1 FROM DUAL;
[結果] 2017/01/02 15:05:15

ここでは「SYSDATE + 1」で日にちを1日足しました。「+1」の単位は「日」です。

例2. 現在日から1日引くパターン

--システム日付を取得する
SELECT SYSDATE FROM DUAL;
[結果] 2017/01/01 15:05:15

--1日引く
SELECT SYSDATE - 1 FROM DUAL;
[結果] 2016/12/31 15:05:15

ここでは「SYSDATE – 1」で日にちを1日減らしました。「-1」の単位は「日」です。

プラスマイナスすることで日付を加算・減算することができました。

以上、Oracleで日付を加算・減算する方法でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました